新年早々、1日でアプリをつくってリリースしてみた。

新年早々、1日でアプリをつくってリリースしてみた。

新年あけましておめでとうございます。

2018年になりましたね。

今年はガキ使をみてないのでまだ年を越した実感はないのですが、それでも友達と初詣には行き、新年の目標みたいなものも考えました。

私の今年の目標は

たくさんの人に使ってもらえるサービスをつくる。

というものです。

去年はプログラミングという新しいツールと出会い、ひたすら開発の方法を勉強しました。

なので今年はそれを使って、たくさんの人に使ってもらえるものを生み出せるように頑張って行きたいと思います。

新年の目標を定めて、今はやる気に満ち溢れています。

しかし

こんなやる気はすぐに消えていってしまう。

去年だって、「情熱大陸に出る!」という壮大な目標を立てておきながら、そんなことすっかり忘れて過ごしていましたし、本当に意思の弱い自分には腹が立ちます。

このままでは、みんなに使ってもらえるサービスをつくれないまま2018年を終えてしまうのではないか…

そこで、

1日でアプリを開発してみた。

まず、年明けの時間がある今、がっつり1日で目標を達成できたら、今年1年頑張れるのではないかと思ったのです。

そして、つくったアプリもそんな感じ。

Vow!という今日1日の目標を朝に設定するアプリをつくってみました。ダウンロードはこちら↓

毎朝7時に目標設定を促す通知が来て、12時に進捗を尋ねる通知が来て、そんで22時に振り返りを促す通知が来ます。

このツイートをみて、確かに!と思って、良い感じのアプリが見当たらなかったので作り始めました。

アプリ名の”vow”は英語で「誓う」という意味です。

バウという音が可愛いなとも思ったのですが、ちゃんと理由があって、

今日の目標を画像にして、他のSNSへシェアすることができるようになっています。

こうすることで友達に、今日の目標の達成を「誓う」ということです。

こんな感じの画像ができます。

ここらへんは、最近の匿名質問みたいなサービスの流行をみて、真似てみました。

去年の12月に、「ニシキゴイ」というアプリをリリースしました。

https://nowperson.tokyo/archives/875

その時は、初めてのアプリ開発で2ヶ月かかったのですが、今回は2回目ということで、1日でAppleに提出することができました。

シンプルなアプリだからということもあるのですが、1度リリースまでの一連の流れを体験できたので、今回はとてもスムーズでした。

小さいながら自らの成長を実感します。

今年は、この「Vow!」というアプリとともに、日々の小さな目標を積み重ねて行きたいと思います。

そして、その積み重ねの先で、みんなに使ってもらえるサービスをつくりたいです。

まずは、ニシキゴイをしっかりと成長させたい。

最近、セブでのルームメイトだったようさんや、イケメンのたかさんもチームに加わり、4月までに1万人の登録俳人数を目指しています。

今年は大学も休学して、本気で色々がんばるつもりです。

なにとぞ温かい目で見守っていただければと思います。

今年もよろしくです!!!

imagine

プログラミングカテゴリの最新記事