風に吹かれて

風に吹かれて

世界はそんなには変わっていない。

毎日毎日新しいサービスが生まれて、今までのサービスとはここが違う!とか騒がれるけど、思っているほど世界は変わっていないのかもしれない。

例えば産業革命やIT革命のような、社会の根底から常識を覆すようなまさしく革命のような出来事は、世界を変えるかもしれない。

でも例えば私が思いつくようなサービスは、ITの傘の下にすっぽりはまってしまって、革命にはならない。

どうしても小さく考えてしまうけれど、最終的なゴールにはやはり革命を据えるべきなのかもしれない。

そう思いました。

未来がなぜ特別で大切なのかといえば、それが「まだ訪れていない」からではなく、その時に「世界が今と違う姿になっている」からだ。

– Peter Andreas Thiel

未来との差分から、今なにを創るか考えることは凄く楽しいと思います。

あそうそう。そういえば「未来新聞」なんてものがあるそうです。

http://www.miraishimbun.jp

この新聞の運営に携わるかたとお話をさせていただいたことがあるのですが、とにかく未来新聞は面白い。

言うなれば人類の未来アーカイブです。

例えば私があなたの未来新聞を書くとします。

何歳で結婚するとかどんな仕事をするとか。

別にあなたの全てを知っているわけではなく、断片的なあなたをもとにあなたの未来新聞を書きます。

するとそこにある未来は、必ずあなたが想像するあなたの未来とは変わってくるはずです。

その新聞はあなたの視野を一気に広げるものになるかもしれないですし、はたまた今のあなたの見えかたがわかるかもしれません。

そんな話をしてくださいました。

未来を新聞みたいに細かく書いてみると、たくさんの発見があると思います。

2022年10月25日 河邉今人結婚

河邉今人(神奈川県出身)は、一般女性と入籍したことをブログで報告した。お相手は現在第1子妊娠3ヶ月で来春にも出産予定。挙式・披露宴は未定で会見も現状行わない予定。

というようにこれをもっともっと詳しく書いていくのですが、そのためにはあれもしなきゃいけないし、これもしなきゃいけないしで次々と未来との差分によるタスクが明確に現れてきます。

結婚するまでに遊ばなきゃいけないし。うん。

今回タイトルに「風に吹かれて」というイタいフレーズを選んだ理由は、最近おかげさまで結構忙しくて、もう歳なので疲れもくるのですが、ボブディランの風に吹かれてを聴くと、すべてが吹き飛ぶんです。

あの優しく包み込むような歌声で、心に訴えかけるような詩を語りかけられると、なんだか心がリセットされてとても良いです。

おすすめです。ぜひ。

アビアント!

imagine

その他カテゴリの最新記事