手帳の付け方

手帳の付け方

最近は1時間ごとに予定が書き込める手帳を使っていて、朝飯、大学、フランス語の勉強、仕事、夕飯、風呂ととにかく細かく予定を書き込んでいます。

前までは、ついつい夢中になってしまうプログラミングや仕事のほうにほとんどの時間を奪われてしまって、大学の勉強になんて手が回せる状況ではありませんでした。

でも、この予定の立て方を始めてからは、どんなにプログラミングが楽しくても、時間が来たらストップするようにしています。

するとまあ不思議。

大学の勉強はもちろん、時間を短くしたはずのプログラミングや仕事でさえ以前より充実感を感じるようになりました。

時間とは実に不思議なもので、終わりあってこそ人は頑張れるものだと、

そして

「人生は儚いから、有限だからこそ美しいのだ」

と、

大袈裟ですが手帳の付け方という些細なことから大きなことを学んだ埼京線の帰り道でした。

混みすぎ。

 

その他カテゴリの最新記事