五月病

五月病

このみずみずしいキャベツはですね、高校時代のアルバイト先だった居酒屋で作ってた塩キャベツです。

胡麻油とコンソメと塩を混ぜて作るタレは我ながら美味いです。

言うなれば、得意料理ってやつですね。

さて、

完全に五月病にかかりました。

大切なことがたくさんあるこの時期に五月病にかかるというとっても残念な状況なのですが、というか五月病なんて自分次第でどうにでもなるのにどうにもできてないのが問題なのですが、と考えてる時点で五月病なんでしょうが…

と何となく、重たくて嫌な感情が自分の中を渦巻いているゴールデンウィークを過ごしています。

こういうネガティブな時には、なんだか自分のやってきた全てのことが無意味だったような感じがしてきちゃうものじゃないですか?

長く感じた大学受験が終わって、大学生活をとことん有意義に過ごしてやろうと思って自分なりに意識高く複数のインターンや部活動、外部起業スクール、サービス立ち上げ、セブ島留学に取り組んできましたが、なんだかどれも「意識高い」に過ぎなかったんじゃないか、全部中途半端で結局何も得られていないじゃないか、と自分がやってきたことを疑ってしかたのない時間がだらだらと流れています。

今日は一日、来週ある直想便の大事なプレゼンテーションに向けて準備をしていたのですが、一歩進んで二歩下がるような進み具合で、なんでこんなことするんだろうとか根本的なことを疑い出したりしてもう収拾のつかない様になってしまいました。

プレゼンのスライドもただただ数が増えていくだけで、質はどんどん下がっているように感じます。

会いたい人に会えない寂しさが急にきたりもして、「あゝ、これが五月病か…」としみじみ感じながら季節外れのこたつでぬくぬくしています。

数ヶ月後、この投稿を見て鼻で笑えるくらい成長していることを願いに願っています。

その他カテゴリの最新記事